自己破産にデメリットあり!※手続き前に必読

自己破産にデメリットあり!※手続き前に必読

MENU

自己破産にデメリットあり!※手続き前に必読

自己破産のデメリットとしては先ず新規の借り入れが一切できなくなることです。
その機関は指定信用情報機関に登録されている状況によりますが、7年から長い場合で10年掛かることがあります。
その他、自己破産の手続きによって影響が出るものとしては資格制限があります。
公認会計士や弁護士などの士業、生命保険の募集人、保険の代理店、警備業務などあり、取締役や監査役に就いていた場合は自己破産によって解職となります。
しかし、一般の会社員については制限を受けることはなく、勤務先に影響することもありません。
また、資格制限についても破産宣告を受け、次の段階である免責許可の決定が出れば、復権できるので仕事に関する影響は軽微といっても良いでしょう。
また、評価額が20万円以上の財産は処分されるのも自己破産のデメリットです。
高価な貴金属や車・住宅・積立型の保険などは該当しますが、生活用品で評価額20万円というのはそうあるものではなく、全体数からみても少数ですので、全財産を没収されるようなことはありません。
戸籍に関しても自己破産をしたことで影響することはありません。
戸籍と金銭関係の自己破産とは別の次元のものだからです。
新規の借り入れ制限の長さはデメリットですが、自己破産自体は生活再建のために国が認めた制度です。
必ずしも裁判所がすべての対象者を認めることはなく、免責不許可の場合もありますが、通常は手続きから数ヶ月の期間をもって完了します。